ちょっと待って!ブランド買取前の注意点

ブランド買取のチェック項目

サイト項目

ブランド買取における悪徳業者とのトラブル例

ブランド買取は全国各地、さまざまな業者によって行われる事業になりました。 これによってブランド品を持っている人は、それが不要になった時には現金に換えることが出来るようになったのですから、非常に便利になったと言えるでしょう。

ただしかし、ブランド買取のように多額のお金が動く商売には悪徳業者のリスクが付き物です。 かつてと比べるとブランド買取の業界では悪徳業者への注意喚起も行われるようになりましたが、それでも毎年どこかでトラブルが発生しています。

さて、ではブランド買取における悪徳業者とのトラブル例にはどういったものがあるのかというと、近年特に多いのが「押し買い」によるものです。 この押し買いと言うのは突然ブランド買取の業者が自宅にやって来て、そこで「無料査定をしていますのでぜひ見せてください」というように言ってくるものです。

そこで「無料なら」というようにしてブランド品を見せてしまうと、「買い取らせてくれるまで帰りません」というように業者が居座り、恫喝されることになってしまうのです。 こうした例は早々ないようにもみえるのですが、実は実際に自分の身に起きてみると、それが押し買いだったということに後から気付くと言うことも少なくはありません。

以前までは押し買いに対する法令があまり整備されていなかったため、これによって数多くの消費者が押し買い被害にあってしまったのです。 こうしたトラブルを防止するには、何よりも自分が依頼して来てもらったような業者では無いのであれば査定をしてもらわないというようにすることが重要です。

また近年増えてきた宅配買取も注意が必要です。

宅配買取とはブランド品をブランド買取業者に送り、そこで査定をしてもらったうえで買い取ってもらうという方法ですが、この方法は売るかどうかを決めるよりも先にブランド品を送らなくてはなりません。 実際にブランド品を送った後で連絡が来ず、どうなったのだろうと思って自分から連絡をしてみると、連絡先に電話もメールも繋がらず、ブランド品を返してもらえないということになってしまうのです。

こうした事例はインターネットが普及して、宅配買取が広く行われるようになってから見られるようになりました。

こうしたことを考えると、ブランド買取であってもしっかりとそれぞれの業者が安全かどうかを考える必要があるのです。 依頼した後で困ってしまうことが無いように、安全かどうかを自分で見極めて依頼するようにしましょう。

Copyright(C)2015 ちょっと待って!ブランド買取前の注意点 All Rights Reserved.